ひぐちゃんのお遊びBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大徳寺へ

前の日記で着ていた紫陽花の絽の付け下げ。
兄のお宮参りに誂えた・・・と書いたら
ハハンから訂正がかかりました。
お嫁入り仕度の一枚だそうです。

で、その当時のお宮参りの記念の一枚がこれ↓
SBCA3464 (2)
何枚かありますが、祖母と叔母とのショット。
自然な感じの写真でいいな。

さて、もう7月になってしまいましたが、
6月28日は大徳寺での利休忌。
官休庵(武者小路千家)の当番でしたので朝イチで行ってきました。
SBCA3475_20110630113552.jpg まずは聚光院へ。

利休さん、官休庵家元代々のお墓をお参りし、
お茶を一服いただき、法要に参列。

その後、今回は特別に「金毛閣」を見学させていただけるということで
あらかじめ申し込んでいました。
ですので、平日にもかかわらず、いつもより多い気がしました。

SBCA3476_20110630113552.jpg

「金毛閣」Wikipediaより
三門 (重要文化財) 二層の山門。
連歌師・宗長の寄進で享禄2年(1529年)にまず下層のみが竣工し、天正17年(1589年)、
千利休が上層を完成させて金毛閣と名づけられた。
利休は上層に自身の木像を安置した(つまり、門をくぐる者は利休の下を通ることになる)が、
これが豊臣秀吉の怒りを買い、秀吉はこのことを楯に利休に自決を迫ったという。


やけに洋服の方が多く、
「もんぺ持ってきた」という声を聞いて
「なんでやろ?」と思っていたら
金毛閣へ上がる階段の急なこと!

まっ、私はへっちゃらでしたけどね~~ふふふん。

いつも眺めるばかりの金毛閣に上がりました。
風が吹いて涼しい~~(この日は真夏日!)
SBCA3473.jpg

勅使門を下に眺めます。  SBCA3474_20110630113551.jpg


SBCA3472_20110630113554.jpg 京都が見渡せます。

K宗匠がご説明くださりました。

A先生が「上を見て御覧なさい。」と教えてくれました。SBCA3471_20110630113510.jpg

SBCA3470_20110630113510.jpg 「利休老居士修造」と書かれてありました。

見学も終え、皆さんは大徳寺前の精進のお店で昼食~という流れでしたが、
私は暑さを抑えるため、
別のお店でとりあえず黒蜜カキ氷をかき込んで(カキ氷嫌いな私が思わず手を出すほど暑かった)、
「松風」をお土産に買ってすぐ大阪へ。

2時前には職場におりました。
お仕事で~~す(涙)
更衣室で自分撮り。

結局自分で縫いなおした、祖母の色無地に、
絽の袋帯を合わせました。
「涼しそうに着てる~~」と褒めていただきましたが
さすがにこの日は暑かったです~~。
顔に汗をあまりかかないから、そう見えるようです。

SBCA3466_20110630113511.jpg SBCA3465_20110630113512.jpg SBCA3464_20110630113512.jpg



スポンサーサイト
  1. 2011/06/28(火) 22:41:20|
  2. 着物
  3. | コメント:0

先週着た着物

6月だというのに、真夏並みの暑さになった週でした。

火曜日はお茶のお稽古。
この日はまだ涼しくて、
マルベリーさんからお譲りいただいた塩沢に、
ハハンの嫁入り箪笥から夏帯で、余裕でした。
SBCA3479_20110627104953.jpg

水曜日は保育園のお茶のお稽古。
早いかな~と思いつつ、透け感の強いサマーウール(ポーラ)に絽のアンティーク帯で
ちびっこウケを狙いました。
お襦袢も麻を着たというのに
もわぁぁ~~~~っと熱気が体の中にこもっています。
そのまま仕事に行くつもりでしたが「こりゃあかんわ」と
一旦家に帰り脱いでから行きました。
ということで、ヌールでハハンに撮影してもらいました。
久しぶり??おきゃんポーズです。
SBCA3478_20110627104954.jpg SBCA3477_20110627104955.jpg

土曜日はランチ会~~。
私、夜は居酒屋に行ったり、外食したり、家でお酒飲んだりすることもないので
ちょっとした贅沢といえばランチです。
居酒屋チェーン店へ行くより安く済むのでたまには(!?)いいじゃんか~と思っています。

気取りすぎていなくて、住宅街にポツンとあるというのと、
コストパフォーマンスがよくって、美味しいので、
お気に入りの学園前「ラ・カシェット」さんへ。
SBCA3475_20110627104956.jpg SBCA3476_20110627104955.jpg

私達以外のテーブルは、この界隈のマダム達(と思われる)でいっぱいでした。
SBCA3474_20110627104901.jpgこれにパン、食後の飲み物、プティフールもついて2800円です。

またしても一人緑会です。
緑で緑のスープを頂く。クククッ SBCA3471_20110627104902.jpg

ゆっくりの食後は、周りの美術館2つのどちらかに行って、
お庭の紫陽花でも愛でようか・・・と当初は話しておりましたが・・・・。

お話が盛り上がるうちに、
近鉄線日本橋駅に降り立ち、恵美須町にて”発散”して
気持ちも満たされ、お開きとなりました(笑)
SBCA3467_20110627110830.jpg

喉が渇いて英国屋でシュワシュワタイム。

緑で緑のクリームソーダを頂く。クククッ SBCA3468_20110627104903.jpg

一足早く、絽の着物を着ました。
6月生まれの兄のお宮参りに、ハハンが着ていた着物です。
その為に急遽誂えたんでしたっけ?

SBCA3464_20110627104905.jpg SBCA3465_20110627104904.jpg

紫陽花柄なので、6月末か7月頭に着ておきたいな~と思う着物です。
びっくりするくらいの黄緑ですが、私はこういうの好きです。
真っ白の袋帯を合わせました~

28日に利休忌茶会に行くのですが、
自分で縫った単衣の青の色無地を着るか、
サーモンピンクだけど竪絽(薄物前後に着るのが本来らしい)の色無地を着るか、
迷ってま~す。
どっちがよいかしらん?

翌日は「シネマ歌舞伎」が始まっていたので
ふぁーちゃんを半無理やり連れて見に行きました。
歌舞伎体験してみたらいいじゃんとは思うのですがなんせお値段がするので本物はもったいない。
十分にクオリティーの高いシネマ歌舞伎でゆったりシートで2000円ならお試しでもOK。

結果はなかなか面白かった様です。
近松門左衛門の「女殺油地獄」
大阪が舞台で、知っている地名が所々出てくるし、
親心にも胸が熱くなる場面あり。
なかなか残酷なシーンもあるのですが、
仁左衛門さんの好演にも息を呑みました。

歌舞伎が理解できるレベルなら在日の外国人としても
なかなかのものだわ~と思いました。

でも本物を連れて行く気にはまだなれません・・・。

  1. 2011/06/27(月) 11:23:35|
  2. 着物
  3. | コメント:0

職場の皆さんと・・・。

よく、職場の女将さんが遊びに連れていってくださるのですが、
今回は京都五花街合同公演を見に連れて行っていただきました♪

前回は京をどりに皆行ったのですが、その日は西大寺大茶盛りで私は行けませんでした。
前回行けなかったメンバーで改めて、という事で
女将さんが会員の、どこかのツアーを見つけてくれはりました。

ツアーですので、まずは八坂さんの近くの料理旅館で昼食です。
SBCA3482_20110621140847.jpg

SBCA3481.jpg SBCA3480_20110621140848.jpg


女将さん(真中)入れて9名で行きました~ SBCA3472_20110621140849.jpg

昼食を終え、タクシーで京都会館まで。
とても大きなホールですので人もいっぱい。
五花街の舞妓さんや芸妓さんが、わんさかお客さんとして来られていて、
客席を見るのも楽しかったです~。
ちょうど前の席に、
いつも職場に、お客さんに連れられて来ている芸妓さんが座られていて、女将さんとごあいさつ。
偶然に、ちょっとでも知っている人がいるとなんだか嬉しいですね~ん。

五花街の違いもなんとな~く分かった気がして、
2時間半の公演堪能いたしました。
いろんな綺麗なお姉さま方を見れてポワワ~~ンな気分でいたら
女将さんが「どこかでお茶しましょ。」とお誘い。

ホテルオークラまで移動しました。
ところがどっこい1階カフェはちょっと待たねばなりません。
ホテルの人に女将さんが「お寿司屋さんはない??」などと尋ねています。
どうも、昼食が「まったく食べた気がしない。」らしくお腹ペコペコらしいです。
私たちにとってはお昼から悪くないものでしたが、
大阪でトップクラス(だとやっぱり思います)の料理屋の女将で
そのお料理毎日食べてはったら物足りないのも仕方ないでしょうか・・・。

ケーキかコーヒーかくらいに思っていたので戸惑いましたが、
ご馳走してもらえるのでどこまでも付いていきます(笑)

生憎父の日でホテル内どのお店も予約でいっぱい。
地下のお蕎麦屋さんならということでそこへ9人なだれ込み。

SBCA3471_20110621140750.jpg お腹ペコペコなので調子よく注文~。

セットやら一品やら甘味やらいっぱいの宴会状態です~。
女将さん、お蕎麦の後にすき焼丼に取り掛かっている図です(汗)SBCA3470_20110621140751.jpg

おかげさまでポンポコリンの帰路となりました。
ご馳走様でした。ありがとうございました。

今度はどこに連れて行っていただけるのかしら~~ん♪

雨予報でしたが、折角なので単衣の付け下げで。
でも正解でした。
結局ほとんど雨も降らず、京都会館でも格の高めの着物の方が多かったです。
SBCA3469_20110621140752.jpg SBCA3468_20110621140752.jpg
流水に楓の夏単衣向きの黄緑の付け下げ。
またしても、一人緑会です。
帯は紗の袋。
黒白の市松地に蝶、紫陽花、楓・・・などの柄で
可愛い系の着物を、年齢に近づけてくれるのでなかなか便利な帯です。
実際の色はもっと派手な黄緑です~。
頭はスッキリ目にまとめました。
洋髪の芸妓さん方に囲まれて、あ~またセットしてもらったりもしたいな~
と思わされました~。
SBCA3465_20110621140754.jpg SBCA3467_20110621140753.jpg


  1. 2011/06/19(日) 23:38:15|
  2. お出かけ
  3. | コメント:2

追善の茶会

朝から茶友さん一人を着付けしてヘアセットもして、
北浜の美術倶楽部へ。

450人ほどの来客の、
追善茶会のお手伝いでした。
400人超える茶会というと大きい方で
おかげさまでいっぱい屈伸運動をいたしました~~。
夕方には終わりますので、
職場は近いですからそのまま仕事へ突入~~。

終わる頃にはさすがにたっぷり大汗かいて、ヘロヘロ、ドロドロになりました。
そんな姿です↓

SBCA3480.jpg SBCA3479.jpg

仕事終わって帰宅の為だけに着たので着付けめちゃくちゃで失礼~
淡路島の祖母の袷色無地を洗い張りして、
自分で縫った単衣色無地です~。GWに遊びにも行かずにちくちくいたしました。
帯は白の塩瀬に、白と銀で蝶が刺繍された帯です。
蝶は追悼の意を表すと聞きました。
ヤフオクで見つけて控えめの配色で
「これはぴったり!!」と思って入札したら
スタート価格で落札しちゃったものです。

帯揚げは絽のグレー
帯締めは白ですが房だけが色無地と同じ青色なんです。
SBCA3482.jpg

追善の控えたコーデもたまにはピリッとしていいな~。
ですが着物地紋は大きい唐草、帯も大きな蝶のワンポイントで
自分らしく着れて満足です。

  1. 2011/06/10(金) 23:45:32|
  2. お勉強(お茶)
  3. | コメント:2

幸せのお裾分け

近くに幸せいっぱいいっぱいの後輩がいるのですが・・・。

秋口に控えている彼女の一大イベント。
前撮りをされたというので少し写真をいただきました。
美人さんなのでさすがにお綺麗。
P1000822.jpg

なぜBlogに載せさせていただいたかというと、
彼女がこの被衣(かつぎ)を昭和の婚礼衣装の資料で見つけ、
和裁のT先生に仕立ててもらったものなのでお披露目です。
ちょうど森ガールの日に仕上がってきていましたね~。
    満足げ??       SBCA3442.jpg

お色直しにお母様の振袖で華やかに。
P1000842.jpg

本番が楽しみですね。
幸せのお裾分けありがとさ~~~ん。

  1. 2011/06/08(水) 00:11:40|
  2. つれづれ
  3. | コメント:4

とみ乃家

新しいホームグラウンド。
とみ乃家の昼席に行ってきました~~。(仕事は夜だけなので)

お昼は定食をやっています。
黒米のご飯はおかわり自由。日によって内容は微妙に変わります。
これで1,000円です。値打ちあるとおもいますがいかがでしょ?
土曜日もやっていますので是非お寄り下さい。(20食限定です)
SBCA3478_20110607095043.jpg SBCA3477.jpg

デザートはライチゼリーでした。 SBCA3476_20110607095042.jpg


SBCA3474_20110607095041.jpg このお方様のお誕生日でした~~

マルベリーさん、べにさん、応援来店ありがとうございます~!!
また夜も来てね

大阪の、紅茶の老舗ムジカでケーキタイム~ SBCA3472_20110607095041.jpg

この後お二人とはお別れして仕事に入りました~~。

ちょっとだけおでんもご紹介です。
かが万の支店で、おでんの万卯があるのですが
30年近く前、高級おでんの先駆けでした。
万卯と万卯別館がありどちらも今だに大盛況で、
そんな中とみ乃家がおでんの店として再オープンいたしました。
万卯と万卯別館には創作おでんも数々あるのですが、
とみ乃家は創業当時からの王道のメニューで勝負してます。

なんといっても名物は
「さえずり(くじらの舌)」や「ころ(くじらの皮と身の間)」です。
くじらを食べる事になじみの無い世代の私は知らなかったのですが
関西のおでんには定番の具材なんですね~。
どちらも珍味ですから好き嫌いはあるかもしれませんが
弾力やモチモチ感のある食感で特にさえずりはほとんどのお客様が召し上がります。
このさえずりの味付けが特有なのだそうです。
SBCA3471.jpg SBCA3470_20110607095157.jpg


糸こんにゃくは巾着に包まれております~ SBCA3469.jpg


SBCA3467_20110607095156.jpg ロールキャベツも人気です。


たまごは食べやすく。半熟たまごもあります SBCA3464_20110607095156.jpg

SBCA3468_20110607095155.jpg もちと岩のりものりの味が濃くて美味しいです。

まだまだ色んなおでんがあります。
おだしは食べたことがないような深いお味です。
一品や〆のお食事もお勧めが色々~~~。

本日の宣伝タイムでした~ん♪


  1. 2011/06/06(月) 23:49:19|
  2. ぱつぱつ道
  3. | コメント:2

夏がはじまった様です。

今週は昼間に気温が上がる日が続きました。
汗ばんで、夏が来たな~~と思います。

宗匠から昼間にある会の例会前にお茶をお出しするお手伝いを頼まれて
行ってまいりました。

火曜日にも着た紗袷をまた着ました。
今の時期しか着れないのでここぞとばかりに・・・
帯は紗の鮮やかな黄緑の帯で。
SBCA3456_20110605184425.jpg このポーズむかつく~と隣でふぁーちゃんが言ってます(笑)

SBCA3459_20110605184615.jpg SBCA3457_20110605184425.jpg


日曜日は近所の月釜へ。
塩沢紬に単衣の帯で。ぶりっ子コーデにしました。
SBCA3441_20110605184428.jpg SBCA34400.jpg


近所に出来たピザ釜のあるお店。
小さくて、若~~いシェフがやっているお店で気になっていたのでふぁーちゃんと行って来ました。
リーズナブルで美味しかったのでふぁーちゃんも気に入って
また気軽にふらっと寄れたらと思います。
SBCA3449_20110605184426.jpg SBCA3448_20110605184427.jpg


  1. 2011/06/05(日) 18:48:17|
  2. 着物
  3. | コメント:2

親睦会

街中で紫陽花を見つけて嬉しくなりました SBCA3464_20110531235318.jpg

お茶のお稽古仲間の皆さん(若手有志~)との親睦会(?)というか、
普段入れないお店が80周年記念で超敷居を低くしてお迎えいただけるということで
行ってまいりました。

高麗橋の吉兆さんです。
SBCA3463.jpg 

写真で見たことあるある、ひさごの暖簾。
5月のお玄関のしつらえ。(来店時と帰り際としつらえが変えられていました。
SBCA3448.jpg SBCA3449_20110531235635.jpg


やはり古さは感じられますが広いですね。
私のお茶の先生が、こちらにいつも花を活けに来られているご縁で
色々とお心遣いいただきました。
上品な女将さんも自らお世話下さいました。
通されたお部屋も広い~~~。
SBCA3462.jpg

花はもちろん宗匠が入れて下さっていました。  SBCA3461_20110531235442.jpg

小さなお庭もございます~。
SBCA3460.jpg

会食が始まりましたら、照明が暗くなりました。
「えっ、まさか蛍光灯切れ???」
と思ったらなんと、蛍の演出でした。
中は胡麻豆腐の水無月。
SBCA3458.jpg SBCA3456_20110531235440.jpg


杜若の蒔絵の器でコクのある吸い物 SBCA3455.jpg

こちらのお店の初代が考案した”松花堂”です。
相当なボリュームでした。
SBCA3454.jpg

ご飯と香の物にデザートで〆    SBCA3453_20110531235637.jpg

通常は今回の6倍くらいのお値段出して(もちろん懐石ですけど)、
しかも紹介のみでしか入れないお店ですので一生行けないかも~~
と思っていましたがなんともいい機会でした。
今年の10月末までやっています。
予約と、事前振込みが必要です。
仲居としても勉強になりました~~
ウチの方がいい!というところもあって正直それは嬉しくもあり、
もちろん、学ばねばというところもあり。

SBCA3452.jpg SBCA3451_20110531235636.jpg

着る時期の限られている着物、紗袷を着ました。
帯は市松に紫陽花やら花々、蝶に楓の紗の帯で。

SBCA3446.jpg SBCA3445_20110531235319.jpg


おとなしめの着物ですが気に入ってます。
柄がちょっとマンガちっくで好き。
SBCA3441.jpg SBCA3440_20110601083955.jpg



  1. 2011/06/01(水) 00:15:42|
  2. 着物
  3. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。