ひぐちゃんのお遊びBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いけばなインターナショナルと文楽鑑賞

連休初日はゆっくり目に起きました。(といっても7時くらい)
街中の歩道脇などではツツジが満開~~。
という事で、今着なくっちゃ~のツツジの訪問着。

DCIM0935-1.jpg

家から歩いてちょっとのとこにある、国際交流センターにて
いけばなインターナショナルという催しがあり、
ちまさん経由で、実行委員でもある山本能楽堂の奥様からお茶席ボランティアのご依頼あり。
近くだし、お運びはそれなりに慣れているので、お受けしました。
私の先生や流儀とはまったく関係無しです。

CIMG7861.jpg

CIMG7859.jpg CIMG7860.jpg


DCIM0937.jpg 花入れが竹の子~。面白いです。

軽いんじゃないの~と思っていたら、次から次へと途切れることなくお客様。
様々なお国の留学生が約半数。
なんと800人近くものお客様でした。
久々に足の痛くなるお茶席でした。
でも、こういう事は大好きなので機会があれば喜んで。

次の用事があったので3時前にお暇しまして、
汗だくにもなったし、一度お着替えをしました。

ふふふふ~~ん。
今週こちらの工房が「よ~いドン」の隣の人間国宝さんで紹介されていましたので
ここぞとばかりに初おろし。
栗山工房別誂え御所解き帯(彩苑さん、ありがとうございます)
DCIM0945.jpg

国立文楽劇場へ「心中天網島」を観に行きました。
4列目真ん中のいいお席で~~
DCIM0938.jpg

ちまさんにお誘いいただいて、山本能楽堂での「上方芸能ナイト」で文楽は何度か味見していたので
楽しく見せていただけました。
初めて聞いた時は苦痛(?)だった浄瑠璃の語りが、今はとても心地よい。
人形の動きの美しさにも見惚れます。
今回は奮発してイヤホンガイドもお借りしました。
ご近所なので、もっと文楽のことや、近松門左衛門の作品にも触れたいなと思いました。


食いしん坊で有名な、マ〇ベリーさん、ま〇のさん、ひと〇さんとご一緒だったので
幕間はおやちゅの嵐でした。
懐紙の上に無理やり乗せられた、ふたばの豆大福(byマル〇リーさん)に、東京の空也の生菓子4種(by〇さのさん)は一人分(!!!)
DCIM0939.jpg DCIM0941.jpg

私は3ヶ月越しで手元に届いた京都開新堂のクッキーをオープン~~。
食べ物と共に遊ぶ、いっとこさん達です~~。

ちょっと京風のコーディネートです。
みしなさんの蛍ぼかし小紋。
帯揚げや帯締めも白赤で~~。
頭は自分で抱き合わせ風に結ってみました。
まったく上手く逆毛が立たないので、プロの技術の素晴らしさを再認識です~。
CIMG7863.jpg CIMG7862.jpg


スポンサーサイト
  1. 2013/04/28(日) 23:12:09|
  2. 着物
  3. | コメント:2

待兼庵蝶の宴茶会

毎年恒例となった春の待兼庵

今回はT先生がほれ込んでラブコールを送り
筑前琵琶の先生が演奏に来てくださることになりました。

琵琶平家物語平家の家紋 揚羽蝶蝶のコーディネート

ということで「蝶の宴」というタイトルでテーマは蝶となりました。

私は蝶のアイテムがとても多い~~。
着物、帯、袷、単衣、薄物、小物、ほとんどあります~~。

DCIM0893.jpg DCIM0887.jpg
私は頂き物の蝶の袋帯を蝶の様に(!?)変わり結びにして。


8D40D9FD-EC54-44BC-AA97-2615F6B9BB57.jpg 9855B6AF-82FF-4376-9B65-AC7C3C064795.jpg
ハハンは白地に刺繍の蝶の帯
帯留めにも蝶です。

朝からゆかさんとお茶席一席行ってから、
ハハン、はむちゃんにもお手伝いいただき阪急百貨店開店待ち。

DCIM0888.jpg DCIM0890.jpg

22名分のお弁当を受け取りました~~

桜は終わりかけですが、藤は満開!!!
待兼庵でこんなにたくさんの房が付いているのは初めて見ました。
CIMG7858.jpg

まずはお茶席です。
マルベリーさんのにゃんこと蝶の色紙
CB06FD8E-651B-4B4B-AA8D-998864DFBEA7.jpg


B1506F6C-9B7A-4F0B-A916-1BC24886D898.jpg 91B605E0-B687-4DCC-8979-4B27EDBE8619.jpg

お手前ははむちゃん。
半東はまさのさん。
お運びもお裏さんでお稽古されている方が多いのでお任せして私は水屋で~~。

36942E46-9E6B-4E9A-A22C-84E8ECB2AF25.jpg

いつもの事ながら、一席終えたらお茶席担当者がお客になっていただきます。
今回は可愛いゲストがお見えで是非一服いただきたかったのでリクエストしました。
夏にプチレッスンさせていただきました。

F8B19BE1-C961-406E-9156-3F3A27250A7A.jpg F2C7899E-C26E-4EDE-BC47-1BDB2015EFBD.jpg
二人羽織が可愛い~~。
しっかりお姉ちゃんは続けてお稽古したらかなりのものになるのでは?と期待しちゃいます。

お楽しみのお弁当は祇園のあと村さんのでした。
梅田阪急で出店していたので迷わずココ!
以前栗山工房染め体験で頂いたのが美味しくって♪
吸い物は、島根の岩のりとお餅で簡単に作りました。
57E5652C-CF08-4E56-B2B8-C5E45A0E91D4.jpg 31BFB309-426C-487A-86CE-7C6BD97368BE.jpg


DCIM0892.jpg レンジャー3名も揃ったのですよん。

今回のメインイベントは「筑前琵琶演奏」
珍しい塗りの琵琶
76DC8249-F057-4CDE-AC0E-17AC362E6B03.jpg

先生のお衣装も素晴らしい。
4A9E9623-EADC-4A55-BE23-5F42CA9B37AE.jpg 5FCF305E-4957-42DE-A84B-50DAB8C682AC.jpg

もちろん演奏も。
初めて聞く琵琶の音色。語り。
もっと激しい演奏も聴いてみたい♪

先生はお名前もお顔だしもNGですが、お若くてやわらかい魅力的な女性でした。
o0352030012513128455.jpg o0640042712513128456.jpg

いつもの様に撮影タイム~も
33E13930-9152-4BF2-AF55-EF69B4C51D26.jpg 3531FBA2-98B5-49E5-B2B7-4FE02AE53EF2.jpg

詳しい様子は、まさのさんBlog
       akeさんBlog
コーデなどは、マルベリーさんBlog
等をご覧ください(丸投げ~~)


最後は真剣に会議!!!??
次のお遊びを必死でメモる一同でした~~

2DB6DCB8-DF70-4FE4-A749-E67B805C99C9.jpg IMG_9041.jpg


  1. 2013/04/21(日) 13:37:57|
  2. 着物
  3. | コメント:0

保育園お稽古と造幣局とおもてなし

☆ マルベリーさんのお嬢様の結婚式の様子を更新しました。

保育園の月イチお稽古がありました。
いつもは水曜日なのですが、この日の午後にフィンランドから福祉関係のお客様がいらっしゃるということで
子供たちがお茶をおもてなしする事に。
午前中に特別稽古をして、午後に備えます。

ポリエステルの紅型調小紋に絣の帯
羽織はアンサンブルのを単独使い~。
DCIM0868.jpg

いつもは一人ですが、この日は助っ人にきぬよ先生も来てくださいました~~。

DCIM0874.jpg

金の茶室~~。
私はもうすっかり慣れました。

お昼は保育園の程近くに、
こちらの法人が経営する洋食屋さんが4月にオープンしたということで
ご馳走になりました。
バリアフリーで広々としたお店。
がっつりメニュー、とってもリーズナブルです。
DCIM0870.jpg DCIM0871.jpg

お客様がお見えになるまで、2時間近くあるので急いで天満橋まで。

CIMG7847.jpg CIMG7849.jpg

造幣局の桜の通り抜けです。
CIMG7851.jpg

CIMG7852.jpg CIMG7853.jpg

あまりに美味しそうだったので~~(笑) DCIM0872.jpg

涼しくて、人も思ったほどではなくよかったです。
今時の屋台はこんなのもあるんですね~~。
CIMG7854.jpg CIMG7855.jpg

フィンランドのお客様へは、
園児が英語で挨拶後、お菓子をお運び。
代表の一人にお点前をしてもらい、
あとは点てだしでお茶をお運び。
子供ってすごい。ビシーっときめてくれました。
DCIM0873.jpg

俄先生も4年目に入りました。
わたしも成長できるように、がんばりたいと思います。

  1. 2013/04/19(金) 13:09:15|
  2. 着物
  3. | コメント:0

祝宴

いつもいつも、一緒に遊んでいただいている
マルベリーさんのお嬢様の結婚式&披露宴におよばれいたしました。
一応、新婦友人ということですが、感覚としては親戚のおばちゃん気分です。

CIMG7754.jpg

神戸山の手のスタイリッシュな会場です。

いました!新婦の母!!
CIMG7756.jpg CIMG7758.jpg

”新婦母の”友人代表として、
お付き合いの長いまさのさん、T先生、私が列席させていただきました。
CIMG7759.jpg

CIMG7760.jpg 3人とも新地の真里美容室でセットしていただきました!

高木先生が別人~~♪(笑)
ビフォアー&アフターで~~す。
DCIM0005_20130424123048.jpg DCIM0009_20130424123049.jpg

この日は、チャペルで明るい会場ということで、
大柄で可愛い感じにしよう~と思い、山吹色地に桜の柄の付け下げ」にしました。
帯はひとみさんに頂いた七色の遠山袋帯です。
真里さんに結婚式とお伝えしたら、写真に撮られても映えるように高めに結ってくださいました。
ものの10分で仕上がるからすご~いです。
CIMG7762.jpg CIMG7763.jpg

チャペルは、壁が石積みになっていて、初めは正面に張られた黒幕に、石の隙間から外の光が映って
とても美しい~~
CIMG7767.jpg

新婦の入場に合わせて幕が降ろされていき、光が差し込みます。
CIMG7772.jpg

果てしなく広がる青空に向かい、誓い合うお二人 CIMG7773.jpg

本当に見事な美男美女!!
絵になるわ~~。
CIMG7774.jpg CIMG7777.jpg


こちら様も笑顔がお綺麗♪ CIMG7778.jpg

CIMG7781.jpg 暫し歓談の時間もあり。

披露宴の様子は↓をクリックで続きをお読みください。


...続きを読む
  1. 2013/04/13(土) 23:32:30|
  2. 着物
  3. | コメント:1

二条城観桜茶会

平日の朝早くから、職場の方達と二条城へ行ってきました。
表千家の観桜茶会

CIMG7740.jpg 河道屋さんの衣装が・・・着てみたい!!

学生の野点席で撮影。
舞い散る桜の美しい事!!!
日本人が桜が好きな理由のひとつに、最後まで美しいと言う事が言われますね。
納得。

CIMG7744.jpg CIMG7745.jpg

夜遅い仕事なので、朝は起きれない。。。という人が多い中で
この3人は、楽しみの為ならいくらでも朝早くたって平気♪
お茶も大好き♪着物大好き♪というメンバーです。
CIMG7746.jpg

今年は存分に桜を楽しめました。 CIMG7747.jpg


CIMG7751.jpg
しだれ桜の小紋に綴れの帯で。

  1. 2013/04/09(火) 23:48:00|
  2. 着物
  3. | コメント:0

もんぺで山科ハイキング

春の嵐と言われた日曜日
こんな格好数名が降り立ったのは山科
CIMG7694.jpg

似合いすぎのゆかさん。タイムスリップですね。 CIMG7701.jpg


CIMG7703.jpg 
桜は終わりかけでしたが菜の花が見事。
地域のボランティアの方々が、植えて管理されているものだそうです。

ペルー帰りの方は、こんな可愛いジャージをお召しに♪ CIMG7700.jpg

雨に濡れる桜も綺麗です。
CIMG7704.jpg

毘沙門堂をお参りしました。
CIMG7707.jpg

CIMG7711.jpg CIMG7709.jpg

CIMG7712.jpg

もんぺ&作務衣スタイル、もう見慣れてしまって平気になりました。
もっとお洒落もんぺを増やして流行らせたいわ~~。
CIMG7713.jpg

T先生が予約してくださっていたお昼処へ。
茅葺が素敵な「高月」さん
お蕎麦のお店です。
CIMG7714.jpg

CIMG7716.jpg 

CIMG7717.jpg DSC_0007_20130410131431.jpg


2600円の一番お手ごろなお昼
女性なら十分な量ですし、行き届いたお料理で素敵でした。
また来たいです~~。
CIMG7718.jpg

長浜で購入した、手ぬぐいほっかむりも被りましたよ~~
CIMG7728.jpg

ここで解散~ではなくてここからがハイキングです。
山道を歩いて町へ降ります。
CIMG7732.jpg

軽く一時間のハイキング
降りたのは、なんと南禅寺の中(笑)
CIMG7734.jpg

山科では平気でしたが、観光客がワンサカいる南禅寺ではちょっと恥ずかしかったかな~
と思ったのも5分間位で、すぐへっちゃら。

ちょっとひんやりしていたので、ハハンが結婚前に編んだニット羽織を着ました。
CIMG7737.jpg

毘沙門さんで、素敵な御朱印帳があり購入。
(神社仏閣分けるので~と言い訳)
綺麗な字の方でしたので「御朱印帳と名前書いていただけますか?」と伺ったら
「私どもはこだわりがありまして、御朱印帳と判っているので、そうは書かずに、仏様へ向かう気持ちなどを書きます。そして自分の名前を表に書くのは恥ずかしいこと(失礼なこと)なので裏表紙にご自分でお書きになってください。」
とやさしく教えてくださいました。
そしてご提案いただいた文字を書いていただきました。
CIMG7739.jpg
明珠在掌 (みょうじゅたなごころにあり)
人は生まれながらにしてそれぞれ曇りのない明珠(宝珠ともいう)をもっているという意味だそうです。
明珠とは、世界中にたったひとつしかない本当の自分のこと。
大切なものはすべて、あなたの掌の中にあるのですよ、あなた自身を信じて!と教えている禅語です。

ちょっと御朱印帳の値打ちが上がったような気がします。
何事も形から入っちゃうタイプで・・・すんまへん。

  1. 2013/04/07(日) 23:37:09|
  2. 着物
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。